--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-23

2014.2 筑波山

そろそろ3月だし、バイク始動しておきますか~
ってことで筑波山行ってきました。


二輪通行禁止が多い筑波山
あれだけ二輪対策されていると行きづらいですが

・県道42号 8~19時
・風返し峠~山頂駅

この二つだけは利用可能ですので山頂まではしっかり行けます。

IMG_3537.jpg


二輪駐車場は雪かきされてません。。。
筑波山の二輪嫌いは異常。


IMG_3558.jpg


ロープウェイで山頂へ行くと徒歩5分で開けた世界へ。往復1070円なり。
登山道もありますが、雪とバイクブーツなのでロープウェイにしました。

IMG_3586.jpg


ゴツゴツした感じが外国っぽい。(行ったこと無いけど)











気温も低いので帰ろうということで帰路へ。
そして、筑波にいる友達と夕飯でも食べよう。
しかし、私は忘れていた。ここは筑波山。
幾多の峠小僧を飲み込んできた関東屈指の名コース。
そして風返し峠~山頂区間はローリング族すら近づかない急傾斜。


西日で伸びる自分のライディングフォーム。
ブランクのためか、自分のイメージとはかけ離れていた。
「少し勘を戻すか・・・」

アクセル開度を微妙に多めに、下り角度、コーナーの長さ。
昔熟知したコースだ。

二つ目の左コーナー、ここを抜ければ右180°、右60°、そのあとは左360°
記憶を呼び起こす…いつもよりも鮮明に。
この速度なら行ける、と。

フロントブレーキのリリースを緩やかに行いながら、バンク傾斜気味の右コーナー体を入れていく。
しかし、記憶に頼る一方で、自分のバイクの状態、路面の状態の把握を怠っていたことに・・・
違和感という形で気づく。
とっさにアクセルを開けるか・・・本当に倒れているのか?
アクセルを開けてガードレールへ突っ込むのでは・・・
一瞬の迷い、体はしっかりと「恐怖」という形で硬直し、そして、バイクは正直に私の感情をトレースした。


転倒


転倒してから路肩に逃げるまで20秒。
動画を確認するまでは1~2分程度の感覚だった。

路肩には雪。自分の体は状態、自走可能か・・・などなど。
皮肉にも走っていた時よりも頭は鮮明だった。


IMG_5854.jpg

く、アバラを2、3本持っていかれただけだ・・・

なんて状態で麓のコンビニで休憩。
見事にメーターを持っていかれた・・・。
昔は気温10℃以下は攻めないって決めていたのに。
最近は0℃以下でツーリングとかもしていたので、どこかで舐めていたのかもしれない。


IMG_5856.jpg


初ツーリングは黄門サイダーを自棄飲みでおわりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さわら

コウモンにサイダーとは刺激的だな。
コーラで洗っても避妊にはならないから注意しろよ!

>さわら
その発想は無かったw
コーラの後にメントス入れておほぉぉぉぉ!!みたいのなら許してくれると思うんだ。
プロフィール

レオ・K・タイム

Author:レオ・K・タイム
職業:リーマン
バイク、カメラ、ロードバイク、旅行、冬スポーツetc

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。