--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-27

試される北の大地 2016年越し 5日目

天塩~宗谷岬
時間:8:00~10:30
距離:94km

IMG_2254.jpg  IMG_2251.jpg IMG_2216.jpg

日本最北端。とうとう着いた。
先に着いた人達から労いと祝福の言葉を掛けられ、お互いに健闘を讃え合う、とても尊い関係性がここにはあると思う。

既に一度だけ訪れた最北の地。
あの時の感動はまだ覚えている。
今回、不思議とこれといった感動や興奮は無く、むしろ、これ以上北へ続く道が無いことに寂しさを感じた自分に驚いた。
今回の旅の動機を再び自分に問いかける。しかし、答えは見つからない。
でも、バイクが乗ることが好きで、二十代のうちに何かをやってみたかった。というだけだと気付く。

過去があってこその今。
二十代はコンプレックスとの戦いだった。
10年前の二十歳になった日。
俺は何かが変わるのを、何かを与えられるのを待っていた。
でも、待ってるだけでは何も変わらない。
楽しく生きたいなら、、、自分で可能性を見つけて、広げていく。
結局、誰かと比較する事なんて、ちっぽけなことなんだ。
色んな(変な)人が地球上には大勢いるんだから。

次は何しよう。
きっと、やりたい事が見つかった時が、夢の始まりなんだと思う。
そして、それの実現に向けて、日々積み重ねることが大切で、
厳しい現実に直面した時、日々の積み重ねが力になることを、「今」の俺は知っている。

北海道に行ければ成功。
宗谷岬に行ければ大成功。
無事に戻れたなら奇跡。

この旅は大成功だ。
実現できて本当に良かった。

迷惑を掛けた仕事の仲間、そして家族、友人には感謝したい。
IMG_2229.jpg 

2016.12.31 日本最北端の地にて
スポンサーサイト
2017-05-27

試される北の大地 2016年越し 4日目

留萌~天塩
距離:100km+10km
時間:8:00~15:00

留萌から北はひたすら海岸線。
途中、金比羅神社に立ち寄る予定も、あまりの環境の厳しさにスルー。
オロロンライン。夏は地平まで道が続く美しい観光道路、けど今は強風と氷の世界。

この旅に何を期待していたのか。
やめちまおうか、達成して何になる。誰も責めはしない。
色んなネガティブな思考が常に襲ってくる。

ヘルメットの中でひたすら愚痴りながら、淡々と北を目指す。

天塩に到着してわかったのは、このままオロロンラインを突破するのは無知か猛者か。
相当厳しいルートのようだ。内陸を行くだけで強風はだいぶ収まるとのこと。

しかし、宿の人によるとこれでも風が弱い方(!)とのことなのでオルントネ風力発電を見にさらに5km北へ向かったが、あまりの厳しさに生きた心地がしなかった。
IMG_2199.jpg   IMG_2204.jpg  IMG_2206.jpg

オルントネ風力発電と天塩川。別世界。

明日は大晦日。
ルートを内陸に変更して宗谷岬を目指す。
宗谷岬に何があるのか、感動か、それとも安堵か、帰りへの不安か。
どのみち帰れば、また平和な日常が待っている。
命は誰でも一個しか持ってないから、大切するべきだと改めて認識した。
2017-05-15

試される北の大地 2016年越し 3日目

小樽港~留萌

走行距離:143km
時間:7:50~14:30
転倒:1回

留萌には早めに到着。
明日は天塩までを予定。今日よりも50km短い、100kmの行程だが、北に行けば行くほど、道は厳しさを増すらしい。

雪道の走り方は路面状況が刻々と変化するため、一切ではない。
新雪は相当ハッピーだが、アイスバーンや積雪は生きた心地がしない。
IMG_8281.jpg 
今日は景色を見る余裕が無かった。
というより暴風雪で周りは何も見えない。
これが冬の北海道の厳しさだろう。開放感など、どこにもない。
あるのは容赦なく襲ってくる厳しい現実。何事も夢が叶うと現実が見えてくるのは必然なのかもしれない。
2017-05-15

試される北の大地 2016 年越し 2日目

舞鶴港~小樽港
船旅は基本、景色見るか。寝るか。
歩くと三半規管が狂って酔う。
昼あたりから波も収まってきた。
船内では何もすることが無い。かといって何かすると酔いそう。どうやら船旅は身体に合わないらしい。

何故か食べたくなるホットスナック、何故かプレイしたくなるレトロゲー。

脱衣マージャンの周りには小学生がウロウロ…^^;
IMG_8267.jpg  IMG_8266.jpg IMG_8272.jpg


小樽に23時着。ライダーみんなで無事を祈り合う。

写真撮らせていただいた猛者のWR250。

カッコいい…

IMG_8276.jpg 


初挑戦のWR250R(自分)

隙間風を塞ぐガムテープはマジ必須。

テントと寝袋は重いので出発直前でパージ。

IMG_8275.jpg 



船を出るといきなりアイスバーン。いきなり未体験ゾーン突入。

初めて一本橋を乗れって言われたときの絶望感と似ている。

原付がスタックしたのを避けようとして転けるライダーを見て恐怖で吐きそうになる。
IMG_8277.jpg 

こちらも20km程度までしか出せない状態でなんとか宿に到着。
北海道の屋内は暑い。しかも船旅の影響で陸の上でも身体が揺れる…気持ち悪い…
こんなんで明日は留萌に辿り着けるんだろうか…

2017-05-15

試される北の大地 2016年越し 1日目

 自宅~舞鶴港

仕事が片付かず、出発が遅れた。協力してくれた職場の仲間には感謝。本当に俺の我が儘です。午後半休を提案してくれた上司のおかげで、精神的にもかなり余裕がある。

出発は夕方。スパイクタイヤでは速度が出せないので150kmの道のりに6時間程度費やす。定時で上がっていたらと思うとゾッとするぐらいギリギリ。

初日から雨と雪。しかも夜に山越え。
色々未体験ゾーン。淡々と進むのが一番速い。

船着場でバイクが9台。原付5台、WR250R(Xのオフ化含む)が4台。
就航前 
参考にしたブログの人も。ルートは大体一緒。計画通りなら宗谷岬に行ける。はず…。

日本海は相変わらず揺れる。
さっさと寝るのが酔い対策。
プロフィール

レオ・K・タイム

Author:レオ・K・タイム
職業:リーマン
バイク、カメラ、ロードバイク、旅行、冬スポーツetc

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。